●メイト会計事務所とは?
 ほかの事務所とはココが違います!

創業以来40数年、お客様に寄り添い、税務関係のサポートを主に、お客様からの多様な相談に真摯に対応。
その間に蓄積された当事務所の主な強みは次の3項目です。

(1)人的資産
多彩な人材
 当事務所には、機動力のある若手から業務経験が25年以上のベテランまで 3名の税理士が在籍しています。それぞれ税理士業務の他に次の多彩な活動や知見があり、多様な業務に活かしています。

〇中小企業診断士としても活動し、経営全般を見る視点を持っています。
〇業務の効率化提案から融資サポートまでお手伝いします。
〇法律関係の幅広い知見を持っています。
(2)構造資産
様々な相談に対応できる体制
 お客様からは、決算申告業務の他にも、相続税務、融資サポート、創業支援、経営分析等様々な相談をいただきます。また、銀行や証券会社にご紹介いただいたお客様から税務の視点からのアドバイスを求められることもあります。

 お客様の相談に可能な限り対応するという創設者の方針のもと、誠意をモットーに真摯かつ親身になって多様な相談に対応する姿勢が長年の間に当事務所のスタッフ全員に浸透しています。これがお客様からの信頼をいただいている要因のひとつであり、一方で、当事務所の多様なデータとノウハウの蓄積につながっています。

 当事務所は、今後もこの方針を堅持していきます。
(3)関係資産
多方面の専門知識を持ったグループ事務所が多く、
対応可能な業務範囲が広い
 1980年頃から、創設者の大学同窓の会計人を主体に、連携する会計事務所が自然発生的に生まれました。現在では、同窓以外にもグループの輪が広がって「メイトアカウンタンツグループ」を結成しています。

 2019年9月現在、当事務所を含めて計10事務所の公認会計士税理士3名及び税理士9名がグループを構成し、情報交換だけではなく、お互いの専門分野を補完し合い、お客様の多様なニーズに対応しています。

●●ビジネスはしっかり。+αがある
 MATE= 友人・仲間+親しさ、と考えます。

 税理士法人メイト会計事務所は、MATE Accountants Group Inc.と英文表記します。
MATEは友人・仲間という意味ですが、それぞれのアルファベットは次のような意味を持っています。
 それぞれのアルファベット4文字は、並べる順序があります。
先頭に立つのはMであり、顧客のマネジメントをサポートすることを第一に考えています。

経営の意思決定を支える。
経営分析・方針決定・事業承継・創業支援・業績評価
組織再編・投資計画

決算書ができる過程を監査することにより、
決算の正確さが担保される。
経営分析・方針決定・事業承継・創業支援・業績評価
組織再編・投資計画
税制に対応した節税を考慮し、税務申告を調える。
確定申告(法人・個人)・相続税シミュレーション・相続対策
相続税申告・償却資産税申告

事業の経済活動を複式簿記の観点で捉え、
自社で決算書を作成できるよう指導する。
記帳自計化支援・情報処理の効率化支援・減価償却計算・給与計算

Copyright (C) 2016 “メイト会計事務所” MATE Accountants Group Inc. All Rights